PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
八重の桜 第42回 「襄と行く会津」  会津は死せず
自由民権運動の 板垣退助 が襲われます。
「自由は死なんぜよ!」
ああ、板垣は土佐の人でしたね。

ミルクセーキを持ってお見舞いに行く襄。
そういえば、八重さんを慰めたときはサンドウィッチを食べさせて、
見事プロポーズに成功してましたよね。
洋風の食べ物で落とす作戦は、襄の得意技のようです!



八重と襄、そして みね夫婦が、会津に向かいます。
途中で、徳富と海老名、海老名の妻になった伊勢みや子。
(・・・え、伊勢が海老名に嫁いで、伊勢海老?!)

ついに訪れた、懐かしい会津!
家はすっかり変わっていましたが、変わっていなかったのが角場の跡。
ああ、懐かしい回想シーンが、これでもかと出てきます。
尚之介さんの思い出も蘇りますね・・・
感無量の八重に対して、落ち着いている襄。
尚之介さんの思い出を聞いても、もう亡くなった人だからか、余裕です。

そして、うら と みね、母子の再会!
最初は意地を張っていた うらでしたが、
みねの幸せを聞いて、ほんとに嬉しそうでしたね。
それを見た襄は、会津に教会を作ろうと言います。
そうそう、旅の目的は 伝導でしたものね。

東京では、山川健次郎 が、物理学を教えています。
いや、すごいじゃないですか〜、前髪クネオ〜w
その妹・山川捨松 も、帰国しました・・・が、日本語を忘れたのか?

回想シーンがいっぱいで、最終回のような気分になったけれど、
捨松の登場で、新展開になりそうで期待してます!


posted by: 風子 | 大河ドラマ「八重の桜」 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(10) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:18 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kazenouwasa.jugem.cc/trackback/296
トラックバック
2013/10/20 11:14 PM
襄と行く会津
悠雅的生活
2013/10/20 11:51 PM
大河ドラマ「八重の桜」。第42回、襄と行く会津。 久しぶりの会津。 回想回です。
センゴク雑記
2013/10/21 5:41 AM
会津旅行… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310200001/ 【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)
日々“是”精進! ver.F
2013/10/21 3:44 PM
『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と、みね(三根梓)&伊勢(黄川田将也)夫妻とともに、会津に足を踏み入れました。 城は既に7年前に取り壊されて、かつての山本家が建っていた場所は長屋に変わっております。 「昔、山
世事熟視〜コソダチP
2013/10/21 6:14 PM
そうだ!会津行こう!ちゃっちゃっちゃっちゃら〜ちゃっ、ちゃっちゃっちゃっちゃら〜♪そんな物見遊山では終わらない?懐かし故郷会津!激戦の地会津!紅涙の別れの地会津!懐かしくも悲しい成り行きになりそうでええ〜。
真田のよもやま話
2013/10/21 6:42 PM
1882年。板垣退助が岐阜で遭難し、「板垣死すとも自由は死せず」と喧伝された年。 襄は八重、伊勢時雄夫妻とともに、東北への伝道旅行を思い立つ。途中、徳富猪一郎や海老名 ...
虎哲徒然日記
2013/10/21 8:30 PM
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
みはいる・BのB
2013/10/21 8:38 PM
1882年4月6日、自由党党首板垣退助(加藤雅也)が暴漢に刺された事件。 この時に板垣が叫んだ言葉、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉。 実際には言っておらず、「痛い、医者を読んでくれ」と言ったとも、『アッと思うばかりで声も出なかった』ともいう。 自
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/10/21 8:45 PM
第四十一話「覚馬の娘」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしなかった。
事務職員へのこの1冊
2013/10/21 10:28 PM
タイトルだけ見ると、パックツアーの名前かと間違えてしまうようなものですが、襄が会津に行きたいと思うようになったのは、板垣退助に優しくミルクセーキを作ってあげたときに、彼から会津について聞かされたからというシナリオで進んでいきます。京都に帰るとさらっと
ともさんのふむふむ大辞典