PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
「レ・ミゼラブル」 アンジョルラスの2連発銃?
「レ・ミゼラブル」の原作に、
「アンジョルラスは二連発の猟銃を持ってた」 とあります。
そして、ジャン・バルジャンがバリケードにやってきて、マットレスを打ち落とす場面では、
「誰か二連発の騎銃を貸してくれないか?」といって、
アンジョルラスから、わざわざこの二連発銃を借りてます。

大河ドラマ「八重の桜」の時代でも、連発銃はまだ開発中だったのに、
1832年当時に、フリントロックのマスケット銃に、2連発なんてあったのかしら?
2連発マスケットを検索してみたけど見つからないし・・・。


・・・と、素朴な疑問を抱いていたところ、
レ・ミゼラブルのwikipediaをみて、フランス語の原作テキストがあることを発見。
 Project Gutenberg 原作テキスト・フランス語http://bit.ly/NZ2YkU
さっそく、この中から原語をさがしてみました。

これによると、アンジョルラスの銃は fusil de chasse a deux coups
これで検索して、出てきた銃の画像を見てびっくり!
 fusil de chasse a deux coups 検索 → http://bit.ly/116jofs
なにこれ〜、銃身2本 が並んでます!
英訳したら double-barreled
このタイプの銃は、「2連発」というより「2連装」というそうです。

鳥撃ちの猟によく使われるのが、水平2連散弾銃だとのこと。
そうか・・・、バルジャンがわざわざ2連装の銃を借りたのは、このためかも?
囚人になる前は密猟をやっていて、かなりの腕前だった彼は、
マットレスを吊るす細い綱を正確格に狙うため、
使い慣れた猟銃で撃ちたかったのかもしれません。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

直接、フランス語原作で調べるとわかりやすいですね。
フランス語の翻訳や辞書のサイトに頼りながら、
調子に乗って、他の人たちが持っている武器も調べてみましたw

マリウスがジャベールから借りた「俗に拳固と呼ばれる鋼鉄製のピストル
coup de poing pistolet → http://bit.ly/14DkaUy
あー、映画のマリウスが、たしかにこんなのを持ってました!

ガヴローシュが骨董屋から拝借したのは「撃鉄のないピストル
un pistolet sans chien
英訳したら a gun without dog  になったけど、
仏語の chien には、撃鉄の両方の意味がある・・・って話は、
ガヴローシュがしてましたね。

ABCのメンバーが、サン・ジャン市場で持っていた武器は、
アンジョルラス  chasse à deux coups (二連装の猟銃)
コンブフェール  un fusil , deux pistolets (ライフル銃と二梃のピストル)
プルーヴェール  mousqueton (マスケット銃)
バオレル     carabine (カービン銃)
クールフェラック canne à épée dégainée(仕込み杖)→ http://bit.ly/14uU5Xy
フイイ      sabre (サーベル)

サン・ドニ通りまで来たとき、クールフェラックが持っていたのは épée
訳は「剣」だけど、たぶん仕込み杖の中身だと思われます。
(新潮文庫の佐藤朔訳、ここでコンブフェールを書き忘れてませんか?)



posted by: 風子 | 「レ・ミゼラブル」原作 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:18 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://kazenouwasa.jugem.cc/trackback/239
トラックバック